カテゴリー:うなぎアラカルト

2015年06月26日

うなぎの刺身って食べれるの?

うなぎ料理って何を思い浮かべますか?


蒲焼き、白焼き、鰻丼、ひつまぶし



などが、メジャーなところではないでしょうか。

全部加熱していますね。


ここで疑問です。

魚は、ほとんど刺身で食べられるのに、
(猛毒をもつ河豚だって)

うなぎの刺身は、どうなの?

ってなりますよね。




実際は、食べられます。




ですが、

うなぎの血には、イクチオヘモトキシンという毒が含まれているんですよね。

このイクチオヘモトキシンは、
人間の体内に入ると、呼吸困難になったり
目に入ると、結膜炎になったりします。




しかし、このイクチオヘモトキシンは熱に弱いんですね。
60度以上で5分以上加熱すると完全に分解されて、毒性がなくなります。
だから加熱した料理がメジャーなんですね。


しかし、この血を抜くと、うなぎも刺身で食べることができます。



そしてその血抜きの技術をもってうなぎの刺身を食べられるお店が
浜松にあるんですね。

魚料理専門 魚魚一(とといち)
住所: 静岡県浜松市中区肴町318−28
電話:053-458-6343
営業時間: 17時00分〜23時00分




しかも、
通販でうなぎの刺身が買えるんですね。

うなぎの蒲焼きとセットで、うなぎづくし
なんかいいかもしれないですね。





浜名湖うなぎの刺身を購入するならこちらから






posted by あきは at 05:15| Comment(0) | うなぎアラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

うなぎの骨せんべい



うなぎぼーん

うなぎボーン

うなぎBONE


うなぎの骨せんべい

です。


ぼーんって
わかりやすいのか
いいやすいのか
インパクトが強いのか、、、、。


はさておき、、。。。。


魚の骨せんべいって好きな人多くないですか?

単純で、わかりやすい味ですし、
カルシウムがとれるし、
食感もいいですし、


美味しいですよね。


小魚だと、
あじ、いわし、さより、きす、、、など
川魚だと、
あゆ、やまめ、ニジマス、いわな、、。
あとは、、、、
おこぜ、あなご、たちうお、かれい、ひらめ、さんま、、。


けっこういろいろありますよね。


まあそのなかでも、あまり馴染みがない
この
うなぎぼーん
(あえてぼーんにしてみました)

ほんと美味しいです。


お酒のつまみにも、
お菓子でも、
お茶うけでも、


いろんな用途、状況にも対応できますし、

単純な味なので、

お子様から高齢の人まで、
喜ばれるんでは、ないんでしょうか?
(歯が弱いかたは、少々無理かも、、。)


うなぎの骨って、インパクトがありますよね。

体によさそう
精力つきそう


ってイメージですが、
そう思ってしまいますよね。


>うなぎぼーんを買うならこちらから



ラベル:うなぎの骨
posted by あきは at 10:01| Comment(0) | うなぎアラカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
タグクラウド
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。