2015年06月02日

土用の丑の日にうなぎを食べるのは、なぜ?

7f345d05b30e4d67f456cc64ce9d3a78.jpg

土用の丑の日にうなぎを食べるのは、
「平賀源内のセールスコピー」
なんですね。
(諸説ありますが、主流とされているものです。)

さて、その平賀源内は、エレキテル(静電気発生器)で有名ですが
どんな人か?

江戸時代の人で、
日本最初の物産展を開いたり、
西洋画を日本で初めて描いてみたり、
万歩計を発明したり、

と、とてもマルチに活躍する人であったんですね。

肩書きも、
作家、発明家、画家、科学者、イベントプランナー、鉱山技師
など様々で、まさに天才、時代の先駆者、異端児といったところです。

なので、いろんな人に影響をあたえることのできた人で、
有名人でもあったんですね。


で、なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるのかというと、

夏場にうなぎの売れ行きがよくない
とこまった鰻屋が、知り合いの平賀源内に相談したところ、
「今日は、土用の丑の日」
と張り紙を貼って宣伝したら繁盛して、

土用の丑の日はうなぎを食べる

が定着してしまったんですね。


有名人の平賀源内がコピーを書いたからか、
丑の日に「う」のつく食べ物を食べると良いという言い伝えと合致したからか、
万葉集にも夏バテ予防に、うなぎを食べるといった歌もあったからか

「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻とり食せ」
<大伴家持 『万葉集』 巻16−3853>

繁盛した理由はこんなところみたいです。


うなぎ 蒲焼き 国内産 送料無料 を購入するなら



posted by あきは at 06:07| Comment(0) | うなぎ豆知識 土用の丑の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事
タグクラウド
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。